このページでは、ユーザーリスニング・ルームをご紹介致します。(順次更新中!)

小生も長い間、オーディオマニアの端くれとして日々 オーディオに苦闘しながらも音楽を聴き続けている。 オーディオには今まで随分お金とエネルギーをつぎ込んできたが、それで極上の音楽が鳴るかと言えばさにあらず。 最も恐ろしいことは「音は人なり」で、鳴らす人間以上の音はでない。想像力以上の音は決して鳴ることはないのである。 オーディオが「聴く鏡」である所以である。最終的には自分の鳴らしたい音楽がそのように鳴るか否かということだけだ。
 音楽の核心、つまり演奏者、あるいは作曲者の魂を感じられないような鳴り方では満足できない。オーディオはレコードに込められた それらの魂を、きちんと空間に解き放ってくれなくてはならない。オーディオによる音楽演奏とは、音楽に内在する狂気の再現であり、 胸を張り裂き、心臓をわしづかみにし、身をよじるような感動を呼び起こす。音が深い沈黙につながれば、それは何千メートルもの深い 湖底をのぞき見るような静けさとなり、魂は無重力状態の宇宙に解き放たれて、浮遊する沈黙の深さと狂気の度合いこそがオーディオ のダイナミックレンジであると信じる。それを得る為に ある人はタンノイでなければならないであろうし、ある人はJBLでなければならいと いうであろう。しかしここに敢えて断言すると私が私の思った通りに音楽を鳴らしてくれるスピーカーはベルウッドランシングのダブルウーハー システムしかないということだ。そしてあとは自分次第である。
クラシックファン 東京都 T.T氏宅




私とベルウッドランシングとの付き合いは、14年前に遡る。高校時代にお粗末な自作で始めたオーディオライフ。スピーカーはやがてJBL4311Bに、次いでリニアフェーズ理論のテクニクスSB6000に、そして32年前憧れのJBL4343Bになった。でも低域が満足に鳴らない。
当たり前のようにバイアンプ化、ネットワーク特注、アンプも憧れのマッキントッシュに。
果てはトランスペアレンツのスピーカーコードとオーディオ道まっしぐらだった。
14年前、神戸の家で親と同居するのに手狭になり新築。
新居にせっかく4343を入れたのだから気分転換にと、ステレオサウンド誌の広告でベルウッドランシングの音響レンズを見つけ注文した。宅配されると思いきや、たった1セットをわざわざ名古屋から取り付けに来てくださった。そして「音を聴かせてください」と、「低域が出てないですねぇ」と予想通りの感想。時を改め先代社長とK氏が所用の途中に「うちのアンプを数時間預けますから、聴いてみてください」と置いていかれた。遥かに高額なマッキンが翳むくらい善く鳴る。
先代社長の「オーディオ道にお金をかけるのはおやめなさい。ソフトを買いましょう。特にレコードを!」という言葉は今でも耳に残っている。
アンプは即座に購入し、しばらくは4343をベルウッドのアンプで鳴らした。大満足はしていないが及第点の音と思っていた。が、神戸試聴会の案内をもらいチサンホテルの会場でスフィンクス、大聖堂、凱旋門などすべて聴かせて頂いた。心をとらえたのはスフィンクス。スピーカーが鳴っているのではない。そこにホールがある。そんな感じであった。しかしさまざまな理由で純粋なオーディオルームがとれず4343をやっと設置した自宅リビングだから入れるスペースがない。
音量を大きくすると家族からクレーム、留守番して独りで聴こうにも近隣への騒音を気にする始末。このままではあきらめざるを得ない。
やむなく自分には勤務先にLS50Wのセカンドシステムを購入、同好の士のK氏にベルウッドを紹介した(氏はその後大聖堂から46cm4ウェイのスフィンクスに至っている)。
その頃、勤務地の近くにひょんなことから土地を取得し、セカンドハウス建築の計画が持ち上がった。神戸の家を持ちながらの話で中々実現まで至らずに時間ばかりが過ぎ、先代社長は亡くなられK氏の首を長くしてしまい10年弱。やっと平成26年11月に念願のライブラリー形式のオーディオルームを持った家が完成した。クラシックではコンサートホール、ジャズではクラブ、ポップスではライブハウスと化ける。臨場感と音の分離が半端ではない。
左右の定位だけでなく奥行きまでしっかり表現している。それでいて疲れない。
例えばベートーベン交響曲第9番第4楽章の出だし。コンサートでは舞台の床がコントラバスの響きを受けて振動するが、まさにその通り再現される。
こんな経験は初めてである。それに続く合唱部、聲が分離よく歌い上げる。
小さなシステムにしては臨場感で定評のあるB社のスピーカーでは音量だけは臨場感を出していたのだろうが、音は分離されずモゴモゴといった表現でしかない。
先代社長が言っておられた。
「最近のエンクロージャーは強固でユニットだけで鳴らすスピーカーが多いが、うちのスピーカーはバッフルで鳴らします。だって楽器は皆そうでしょう?」 その言葉に共感できる。
今、50〜60年のブルーノートのアナログレコードを聴いていて、テクニクスブランドが復活したハイレゾの世界を考えるに、それって要るのか?と感じてしまう。
確かに音楽再生は趣味嗜好の度合いが強い、。クラシックファンにはT社のスピーカーの愛用者が多い。ヒトの好みは人それぞれでそれで良いと思う。
私はベルウッドのこのスフィンクスのシステムの音が大好きだしベストだと思っている。
兵庫県 M.M氏



レクサスオーナーズラウンジ愛知県 LEXUS東海 様

長年、有名なオーディオメーカーを使いながら,特に低音の甘さに悩み、あきらめかけていました。
2007年、ベルウッドランシングの先代の社長が我が家に来て、五輪真弓のレコードを聞き、「こんな声じゃないよなー?」と話された意味が、僕は、よく理解できませんでした。2008年スピーカーをベルウッドランシングの大聖堂に交換し、アンプ共々セッティングした時、はじめて先代の社長の発言に納得しました。市販のオーディオ製品とは、声が違う、楽器の音色が違う!音の出始めから終わりまで、全てが生々しいのです。好きなアーティストは、もちろん、聴いて楽しくて仕方ないのです。オーディオは、自己満足の世界と思っていましたが、ベルウッドランシングによって、その考え方が変わりました。
毎年、大阪ハイエンドオーディオショーの音を聴いて、あらためて考えさせられます。オーディオは、音を生々しくの再生する事が目標であり、オーディオ的な評価は、必要ないと思います。 ベルウッドランシングのアンプ&スピーカーからの音は、大手メーカーとは比較にならないくらい生に近い、いや、ほとんど生です。 そのすごさは、言葉では表現しにくく、その音を聴いた人しかわからないと思います。 2011年、プリアンプとパワーアンプ106のオールモノラルにすると、以前のV&104のオールモノラルよりもはるかに素晴らしい音が再生されます。 このシステムとアナログプレーヤー &キャビネット (ベルウッドランシング特製) で聴くと、オリジナル盤、UK盤が、CD以上に良い録音である事に、鳥肌か立つほど感動します。 最後に、それらのレコードは、文化遺産だと思います。
兵庫県 A.K氏宅

高校生の頃から始まったオーディオ熱は8年を経て、クォードに落ち着いた。就職をして給料やボーナスで、何とか自分の力で 購入が可能になったからである。ESL63が売り出されて間もない頃で、カタログや雑誌の記事を読んだだけで、買う決心をした。 実物は見ていなかったが、迷いはなかった。このコンデンサー型スピーカーは背面にも音が出るということで、ある程度部屋の広さを 確保する必要があった。スピーカーを買う前に何とか部屋を準備できないものか悩んだ。 ・・・・結局、オーディオルームだけでなく、家全体の大改造にまで発展してしまった。  知人の建築家に設計を依頼してから約1年後にクォードはこの部屋の住人となった。それから21年間音楽に対する私の要求に 応えてきた。しかし、クォードに安住していた訳でなく、常にオーディオへの興味は変わることなく依然と続いていた。
 丁度6年前に三重県のあるホテルで、ベルウッドランシングの試聴会があった。私はここでこれまで自分がオーディオについて 考えてきたことがそのまま形になった、実に基本に忠実に設計された機器の数々に出会った。 そこに並んでいる機器は純粋に音というものに対し、正直にいいと思うこと、考えることを誰にも理解しやすいシンプルな形に 具体化されてあった。この時私は、音の規準ということを考えさせられた。音の規準をつかむことは、機器の違いが分かる以上に、 音楽の内容の深さを捉えることに繋がる。ミケランジェリーのドビュッシーの音、グールドのバッハの音、ウィーンフィルの弦楽器の響き、 ベルリンフィルの管楽器の音、アートペッパーのアルトサックスの音、スコットラフェロのベースのうねり等など。
 これまで様々な機器を試聴したきて、音の善し悪しを規準を持たないまま捉えてきていた。機器の個性の違いを音の善し悪しと 錯覚して評価していたことに気づいた。私は音の規準を備えたスピーカーを含めた機器を求めてきたことに思い至った。
 現在部屋には、チャペルとクォードが並んでいる。それぞれが互いに個性を主張し合いながら存在感を示している。 クォードは今も変わりなく、瑞々しいデリカシーに満ちた心のこもった音楽を奏でてくれる。チャペルは、音楽の力強さを弾むようなリズム にのせて伝えてくれる。今、自分のオーディオ機器を眺めながら、自分の人格形成や成長がオーディオによって育まれてきたことを思う。
三重県 T.H様宅

凱旋門S250Wから縦型Wウーハーシステム摩天楼にグレードアップ。
ジャンルを問わず、朗々とした鳴りっぷりに大満足 。
滋賀県H.T様宅

防音の専用オーディオルームに
オール10パラ(PM110)によるグランドチャペル 3ウェイマルチシステム
限りなく原音に近い再生音に大満足

滋賀県H.M様宅

BWL製・特注ラックに納めたS250W 3ウェイマルチシステム + 前面組格子部分
岡山県 K.S様宅

大のジャズファン。レコードコレクション5千枚以上
鳥取県 K.D様宅

オールモノラル3ウェイマルチで大のジャズファン。
専用オーディオルームでライブスポットを再現
三重県 K.M様宅

美しき絵画とともに、 S300S 3ウェイ
鳥取県 F.M様宅

クラシックファンでLPオンリー,オリジナル盤を中心に1000枚以上
究極のレコード再生を実現
茨城県 H.S様宅

真のクラシックファン。コンサートホールを再現
愛知県 Y.Y様宅

ジャズを中心とした,数少ない女性オーディオリスナーの一人
愛知県 N.K様宅

全国で唯一、オールPM108による3ウェイマルチシステム
限りなく生に近い音に大満足
岐阜県 T.M様宅

音楽教室で使用 S200Sチャペル
愛知県 N.I様宅

自作スピーカーシステムを40年間愛用後、
S−300Sに主役の座を譲り大満足
岐阜県 H.W様宅

究極の46cm 5ウェイマルチシステム
岐阜県 H.N様宅

S300S 3ウェイ マルチシステム
埼玉県 H.H様宅

日本間にS300S 3ウェイ マルチシステム
愛知県 T.K様宅

S300S 3ウェイ マルチシステム
愛知県 G.H様宅

専用オーディオルームにS300S 3ウェイ マルチシステム
香川県 O.S様宅


三重県 K.S様宅

大のJAZZファン 専用のオーディオルーム3WAYマルチ スフィンクス
鳥取県 A.M様宅

別棟のオーディオルームにS330W 3ウェイ マルチシステム
岡山県 S.J様宅

S200S 2ウェイマルチ
京都府 Y.M様宅

マンションリビングの一角にS300S 3ウェイ マルチシステム
愛知県 K.S様宅

大のクラシックファン 初期型凱旋門 3ウェイマルチシステム
岐阜県 N.S様宅

S300S 3ウェイ
岐阜県T.K様宅

レッスン室にS250Wとスタンウェイ2台 愛知県H.K様宅

防音したオーディオルームにS300S 3ウェイマルチシステム, 大の音楽ファン
愛知県 O.K様宅 

オールモノラルによるグランドチャペル3ウェイマルチシステム
大の音楽ファン
愛知県 K.H様宅

専用オーディオルームに全国で唯一PM106による凱旋門S250W 3ウェイマルチシステム
好きなジャズがライブスポットの再現ができ大満足
新潟県 Y.K様宅

防音した専用オーディオルームにS250W3ウェイマルチシステム
LS20Wサブシステム 大の音楽ファン
群馬県 T.M様宅

専用オーディオルームで70年代のロック中心とした音楽ファン
スフィンクス 4ウェイマルチシステム

二階にLS20Wセカンドシステム
京都府 Y.Y様宅

日本間オーディオルームで毎日クラシック鑑賞
愛知県 H.T様宅

凱旋門→大聖堂→スフィンクスへとグレードUP
圧倒的な音楽表現に大満足
神奈川県 I.T様宅

美術品に彩られたオーディオルーム
スフィンクス5ウェイ マルチシステム
岐阜県 I.T様宅

S300S Gチャペル 3ウェイマルチシステムに大満足
和歌山県 S.M様宅

大の音楽ファン
永年愛用のタンノイからS200Sチャペルのシステムに入替えされ一段と生に近くなったと大満足
愛知県 H.T様宅

御要望とお部屋の条件に合わせてエンクロージャーの設計、製作、特注モノラルパワーアンプによる3ウェイマルチシステム
大の音楽ファン
滋賀県 N.M様宅

モダンな専用オーディオルームに大聖堂3ウェイマルチシステム 大の音楽ファン
愛知県 T.H様宅

2階まで吹き抜けの有るオーディオルームに凱旋門 3ウェイマルチシステム
好きなジャズが生に近い音で楽しめると大満足
愛知県 I.K様宅

複数のオーディオルーム所有
一部屋にお気に入りのGチャペル 3ウェイマルチシステム 大の音楽ファン
佐賀県 T.M様宅

専用オーディオルームに大聖堂 3ウェイマルチシステム愛用
好きなジャズが生々しい音で楽しめると大満足
埼玉県 K.F様宅

和室オーディオルームに大聖堂3ウェイマルチシステム
大のクラシックファン
岐阜県 O.H様宅

和風のモダンなリビングに凱旋門3ウェイマルチシステム
大の音楽ファン
宮崎県 K.K様宅

長年愛用の凱旋門3ウェイマルチにグレードアップ
コンサートホールの再現がさらに良くなり大満足 大のクラシックファン
神奈川県 I.A様

リビングルームに大聖堂3ウェイマルチシステム
大のジャズファン
福岡県 S.H様宅

防音の専用オーディオルームにチャペル3ウェイマルチシステム
大のクラシックファン
埼玉県 N.M様宅


防音の専用オーディオルームにグランドチャペル3ウェイマルチシステム 大のジャズファン
オリジナル盤の究極の音に大満足
愛知県 S.I様宅


全国でも例を見ない
PM110による46cm4ウェイマルチシステム 
限りなく生に近い音で大満足
愛知県 T.M様宅

46cmダブルウーハー搭載スフィンクス 4ウェイ マルチシステム
愛知県 K.M様宅

特注ピアノ塗装仕上げによる46cm 4ウェイ マルチシステム
兵庫県 K.S 様宅


ページの先頭へページの先頭へ〜