以下の感想(主にユーザーからのお便りから抜粋)は、ご本人の了解を得て、このページに紹介しました。



 今まで「オーディオはバランスが一番大切」と思っていました。クラシックやジャズ、ロック等、ジャンルを
選ばず楽しめるシステムが良いのは言うに及ばず、料理に例えれば、微妙な塩加減をどう調整するか、
いかに琴線に触れるような「味付け」にするか、それがオーディオの醍醐味だと思っていました。

 しかしBell Woodと出会って「オーディオの概念」が変わりました。オーディオに「味付け」というのは存在しないのだと。
釣れたての魚をその場で刺身にするが如く、そこにあるのは「素材の旨み」だけです。
すべてが「ストレート」でソフトに記録された音楽が、赤裸々に聴こえてきます。
特に引き締まった低音をベースとした安定感のある音楽は、格別です。

 部品の個体差まで1つ1つ吟味し手作りされた極シンプルな増幅回路、
コストを度外視した強固な重量級エンクロージャー、そして優秀なJBLユニット。
また驚くほど手厚いアフターフォローも、製販一体ならではのものです。

 末永く、愛用していきたいと思っています。                                       和歌山県 W・D様



 ドラムスとベースの見事な再生能力は、低域〜中域〜高域の全可聴周波数帯域の
音源データーを忠実に再生する能力を備えていることを意味します。

 この点が、過去に擁いた私のオーディオに対する概念と違うところです。

 B.W.Lオーディオは、ピアノ、管楽器、弦楽器、ドラムス、ベース、ボーカル・・・
全ての音源を見事に再生してくれる・・・・B.W.Lオーディオに対する私の結論です。

 毎日、僅かな時間でもJAZZを聴き、心底から楽しんでおります。
                                                                    東京都 T・Y様

 

 ところで、BWLサウンドはとても地味な音と思います。
眼を閉じて聴けば、チャペルの大きさからは想像できない刺激のない、
ピュアーで優しく、音像定位がよい広がりのある、オーディオ装置の存在を感じさせないサウンドです。

  だから、派手好みの若者、オトキチ、オーディオマニアには、地味なサウンドは物足りないのかも知れません。
・・・巷の評価は如何でしょうか?

 しかし、音楽を自然な音で楽しむ人達には、BWL製オーディオ装置は最適・最高です。

                                                                    東京都 T・Y様



 貴社の最大魅力と強みは、音楽ソフトの信号入力よりAMP−SPEAKERに依る
オーディオ音声出力迄一貫して高忠実度の再生音がリスナーの耳迄の保証と
満足度があることが何よりの強みと考えます。

 感想ですが、「素晴らしい」とか「凄まじい」を超えて、何か「神懸り的」なものを感じます。

 先日、ブルーノート東京では生のジャズを堪能してきました。
Dave KozとKirkWhalumのサックス、Brian Simpson のキーボードがそれぞれ素晴らしく、
とても楽しんできましたが・・・帰宅後に聴いた自宅の音楽の感動はそれ以上でした。

 一方、ムリーリョの絵画は、どこまでも「柔らかいが力強く」「分厚いのに透明感があり」生命感に満ちていました。
私にはBell Woodの音に一番近いように思えました。・・・芸術というのは、共通点があるのですかね。

                                                                   和歌山県 W・A様



 此の度は大変お世話になりました。セッティング後どう変化したか、期待しながら電源を入れました。
先ず、好きなビクターXRCD盤のCDでシェリングのブラームスVn協を聴きました。音が前面に出て来る様な、
積極性に感心しました。これでは読書しながらBGM的には聴けないと思いました。

      これで今日は求心的な気持ちで、音楽にのめり込もうと思いました。

                                                                     宇都宮 H・M様



 主に1960年前後の旬のモダンジャズ(モノラル末期・ステレオ初期の可聴帯域のバランスが極自然な録音)が大好きです。
以下は「これがはじめの一枚のジャズ・オーディオ」ファン/マニア!?の定番アートペッパー/ミーツ・リズムセクションの感想です。
(加えて・・・以下はBWLオーディオの原点でもあり、最初のSPシステムの定番 [凱旋門] の試聴の感想でもあります。)

 このアルバムは歌手・ペッパー(as)による〜詠うやうなフレーズの歌詞の無い!ジャズ♪ボ〜カルの名盤だと思います。
まさに!この時期のペッパーの精神状態を払拭するやうな、彼の叫びは「ジャズ界の白人差別」への、一匹狼の挑戦状だ!
シャイにひとり、左側に立って熱くブロ〜するアートペッパーに右寄りのマイルスのリズム陣が〜押しては引いても寄り添う演奏。
すべての曲が1テイクで決まった!とおりのスリリングなインタープレイの素晴らしさが伝わり〜50年以上!前の生演奏が眼前
に現れたやうな?不思議な気分〜。〜 スピーカーから、こんな音離れの素早い立体感がある生楽器のやうな〜押しが強く
タメも効いた、手を差し伸べると掴める様なサウンドステージが現れるとは?オーディオ装置を意識させない、捨てろーサウンド。

 凱旋門の2段積み、計4個のSP.BOXから各々のメンバーの音色の重なりが、相乗効果して包み込むような優しいハーモニ〜
特に、強弱のタッチがフレックシブルに倍テンでプッシュ_プル〜バッキングするPガーランドやDrフィリーの控え気味なアドリブ。
主役のペッパーにアンサンブルするサウンドは、高低別・1SP独立構造のエンクロジャーを左右・別々のモノラルマルチアンプ
方式(1SP*1AMP)による余裕のグリップ力で軽々と力強く空気を震わす〜音圧感は生演奏を彷彿させるようなサウンドステージ。

しかもボリュームを絞ってもダイナミックレンジの幅を広く感じ、体感する音の振動もすこぶるリアルなのは、まるで生演奏を彷彿
させる臨場感。まさに半世紀もの月日のカーテンを取り除くが如く新鮮に響く〜音楽鑑賞は白昼夢のやうな〜ひととき・・・

レコード芸術・音♪楽は「貴重な文化遺産」だと思います。それを再生するBWLオーディオは「ミュージック・タイムマシーン」です。


                                                                     愛知県 N・M様